086-223-6922予約制お問い合わせ

〒700-0901 岡山市北区本町6-36 第1セントラルビル6F

田中矯正歯科 (JR岡山駅を降りてすぐ)岡山市北区、矯正歯科

子どもの矯正

見えない・目立たない矯正 Inconspicuous 大人の矯正 Adult Orthodontic 子どもの矯正 Child Orthodontic ホワイトニング Whitening 外科矯正について 料金表 ブログ 求人案内
トップページ»  子どもの矯正

なぜ子供の時期から矯正治療を始めるのでしょうか

指しゃぶりなどの癖や、咬み合わせの影響などで、あごにずれや歪がある場合は、成長が進むと治りにくくなる場合があるので、積極的に装置を入れて治療を開始します。
顎の骨がまだ発育段階にある子供の場合、矯正治療はその成長発育を促したり、抑制したりしながら顎の問題を解決できることもあります。できるだけ歯を抜かないで治療することも可能です。しかし、子供の矯正治療(早期に治療に入ること)の問題点は、治療の長期化です。早くに治療を始めても、治療が早く終わるわけではありません。もし治療のゴールが健全な永久歯の咬合であるとすれば、永久歯の萌出が完了する時期や成長発育の終了時期まで治療は、かかります。もし治療のゴールが健全な永久歯の咬合であるとすれば、治療の開始時期(永久歯が生えそろう時期)を待つことが治療の長期化を防ぐ手段と考えられます。

子どもの矯正治療の流れ

初診ご相談 30分~60分

気になる歯並びのご質問をお受けし、大まかな症状を把握します。
治療の流れ、方法、期間、費用などについてご説明いたします。

検査 30分~60分

口の中を細かく検査し診断と治療計画をたてるため必要な資料をそろえます。
口の中の写真、歯・頭部のレントゲン、歯型など)

診断 30分~60分

検査資料を分析し診断します。
治療開始時期、期間、方針、方法、費用、支払方法など具体的にご説明致します。

前期治療 乳歯列期~混合歯列期 30分~60分

乳歯列から永久歯が生えそろうまで、歯の生え方、顎の発育状態を見守りながらその時々に必要な治療を、行っていきます。この時期の治療目標は、上下の顎の発育調整、不良習癖の除去、永久歯の生えてくる場所の確保などです。顎を拡大する装置、顎を前後に牽引する装置、上下顎の位置関係を改善する装置などを使用します。
また治療に合わせて、歯磨きの指導、フッ素塗布、お口の清掃なども行います。
この段階で治療が終了することもあります。2か月に1度程度のご来院となります。

後期治療 永久歯列期 30分~60分

永久歯全体の歯並びの治療が必要な場合後期治療に入ります。
永久歯がだいたい生えそろってから治療を始めます。開始時期は歯の生えてくる時期により個人差があります。
正常な咬み合わせを目標としておもにマルチブラケット装置を使用して行います。
治療期間は、1月に一度の来院で1年~3年程です。お口の中の状態により、個人差があります。

保定治療 診療時間20分~40分

後戻りを防ぐ保定装置をつけて、定期的に観察していきます。
始めは1か月後、2か後、3カ月後、6か月後とだんだん来院の間隔をあけて行きます。
歯並びが安定したら治療終了となりますが、保定期間は個人差がありますが、少なくとも2~3年は保定し、経過観察していきます。

 ご希望がございましらフッ素の塗布もいたします。

子どもの矯正治療の治療費(税抜)

ご相談 無料
検査 3,000円
診断料 30,000円
前期治療

基本料金 150,000円~200,000円
処置料金 来院ごとに2,000円(経過観察)~3,000円
咬み合わせと歯並びが整えばこの段階で終わる場合もあります。

後期治療 基本料金 300,000円~350,000円
処置料金 来院ごとに3,000円
基本的に目立ちにくい装置
保定治療 来院ごとに2,000円~3,000円 装置が壊れたりした場合別途料金がかかる場合があります。

基本料金とは
歯を動かすために必要な装置、後戻りを防ぐために必要な保定装置の料金です。
マルチブラケット装置は基本的に目立ちにくい装置で行います。(但し、保定装置が壊れた場合、新たに料金を頂く場合がございます。)

処置料とは
装置の調整料、施術料のことです。
こどもの矯正治療の場合、適切な時期に適切な治療を行いたいので、
経過観察の場合もあります。その場合は2,000円です。

ご相談時、診断時におよその総額をご説明いたします。

診断後、お支払いのご予定をご相談の上お聞かせいただきます。
分割も可能です。(分割の場合利息はございません。)
※矯正治療を行う上で、抜歯が必要な場合、抜歯の費用はこの中に含まれておりません。

保定装置が壊れた場合費用を頂く場合があります。

高額医療費控除の対象となります。
所轄の税務署で手続きをとって頂ければ規定の条件がありますが、医療費控除は受けられます。

転勤などの理由で、当医院への通院が不可能になった場合、 転居先の矯正歯科医をご紹介いたします。
尚、治療の進行状況によつては治療費をお返し致します。
転院先の先生には、今までの治療の経過、進行状況の説明、こちらで採得した資料など送らせていただきます。